2011年06月24日

ヒリ痒(>_<)

札幌もやっと時々 「暑いね」っていう季節がやって参りました〜

私ね、物心ついた頃から冷え性で、真夏にしか汗をかくってことがありませんでしたから、夏でも肌掛け布団とタオルケットをセットで使ってたくらいですから、夏になると亡くなった母によく 「あ〜暑い!暑いっ!しっかし あんたはいつも涼しそうで良いね〜〜〜」って羨ましがられていましたよ。

整体師って結構動きますから、汗が流れる心配がないので それはそれで助かっていたんですけどね・・・
更年期と言われるお年頃ですから(苦笑)血流や代謝が悪いことのほうが辛くなってきました。

酷い時なんか、市販の痛み止め一箱40錠入りがあっという間に空になるものだから、ドラッグストアに行く度にストックの鎮痛剤を二箱とか買っていましたよ。

頭や腰が痛い→鎮痛剤→胃が痛くなる→胃薬・鎮痙剤ってね。
完全に 負のスパイラスですね〜(苦笑)

更年期の専門の病院に行くことも真剣に考えていたんですけどね。。。
なかなか踏ん切りもつかず。。。グタグタ。。。ダラダラ。。。


あ〜〜もぅ、お肌もカサカサのシワシワで、艶なんてどこへやら〜
髪もすっかりコシがなくなって、白髪が伸びると頭も痒い〜

鏡を見るのも億劫になってくるんですけど、「歳だからしかたがないでしょ〜」もう すっかり諦めの境地ですよ(^^ゞ

と、もう2か月半くらい前からでしょうか。


汗が出るようになってきたんです。

夜も肌掛け布団を蹴っ飛ばすほどで、真夏ですかい?って思うほど 汗だくですよあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

頭にまで汗かくって どういうこと〜〜〜?!

ついにきたか〜〜〜これが噂の ホットフラッシュ!?!?

寝付いてしばらく経つと、汗が出始めて 足とか腕とかも痒くなり出して、掻くとこれまた 猛烈に痒くなるんです。

あと、下着のゴムの部分とかタグのところとかね。


お風呂で温まった後とか、極寒の吹雪の日に帰宅してストーブで温まると湿疹が出たりするんですけど、基本的に冷え性なので それ以外で温度差で湿疹が出ることはなかったのですけどねぇ・・・

痒い→掻く→痒み増し→寝不足→ストレス→痒い→掻く

これまた負のスパイラルですね〜

皮膚科に行ったら 『 蕁麻疹ですよ 』っていとも簡単に言われました。

蕁麻疹にもいろいろと種類があることを初めて知りましたよ。


実は・・・
生のプラセンタというものをお勧めされましてね。
あまり期待なんてしていなかったのですが、これが予想だにしない効果を出し始めていたようなんです。

汗が出るようになったのは、ホットフラッシュではなく、血行が良くなって代謝があがっていたのです。

頻繁にあった喘息のヒューヒューも、鎮痛剤の服用も激減しました。
気が付けば、胃薬のお世話にもなっていません。


でも、どうして足や腕がまだ痒くなるのでしょうか。。。?


ふと見ると・・・

CIMG1891.JPG

手足のあちこちに ミミズ腫れ〜〜〜

CIMG1744-2.jpg

母しゃん!リラックスタイムでしゅかっ!

やたら喜んでいるこの子・・・

CIMG1746-2.jpg

あひゃっ!みんなで何を期待しているんですかー?

私が床に座って寛いでテレビを観始めるとね・・・

あ〜〜〜ぁ 始まっちゃいましたよ〜

CIMG1739-2.jpg

恒例のボールの引っ張りっこ

なぜか テレビのドラマのいい場面になるとこれが始まるのよね〜

CIMG1745-2.jpg

勝って一休みのレオ

CIMG1740-2.jpg

負けて一休みのライト

で〜〜〜また 始まる

CIMG1743-2.jpg

気が付けば〜〜〜〜

私の手足は引っ掻き痕だらけ〜〜〜〜〜

これがミミズ腫れの原因だったとは。。。(汗)

あとは、ご飯とオヤツの前のこれね。。。

CIMG1175-2.jpg

ちょうだいっ! 

カノンとライトはカリカリですけど、レオはドスッ!っとアタックしてからチョウダイしながら迫ってきて〜 太ももあたりをガッシ!ガッシ!してきますから(笑)


これがこの季節、半そで&スパッツだとダイレクトですから(苦笑)

で、体質が改善されつつあって血行が良くなってきているものだから、夜中にポリポリ掻いて、その結果 猛烈に痒くなっていたらしい〜〜〜
(そういえば・・・幼い頃に眠くなると背中が痒くなって、母に背中をボリボリ掻いてもらって、掻けば掻くほど痒みが広がって腕や首まで掻かせてたっけなぁ〜 な〜んて思い出しましたよ)

皮膚科の先生に「小さな蕁麻疹は出なくなったのですが、ミミズ腫れの原因は、実は犬が・・・」って説明したら、「あぁ〜」って納得したようなお顔で笑われました。

とりあえず、痒み止めのお薬の助けを借りつつ、汗の処理と保湿をしっかりして、爪で引っ掻かかれてしまったところは触らないように気をつけていましたら、随分と良くなってきましたよ。


負のスパイラルよ おさらばーーー!!!

ニックネーム サト at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サトさん、スリムな体型から推測しておりましたが、やはり冷え症だったのですね!
冷え症の方って、胃腸の働きが弱いタイプが多いように感じます。
セナも若いころに胃潰瘍を患い、そのころは今より10kgも痩せてスリムでした。ただ、体調管理がとても難しく、薬が手放せない状態でした。
そして病院で処方された薬が合わず、まさにサトさんのおっしゃる“負のスパイラス”っていうのを繰り替えしてました。

救いの神は近所の漢方薬のお店の方でした!比較的安価な薬を勧めてもらい、腹筋を欠かさず行うことを教えてもらいました。おかげで3年ほどで胃の調子も完璧になり、それ以来(30年も経つ)胃腸薬のお世話になったことがありません。薬だけに頼らず、弱った胃の筋力を鍛えることで克服できたと思います。

まぁ〜♪ お互い更年期と呼ばれる季節が到来するお年頃ですので、焦らずじゅっくり、自分もからだとお付き合いできたらいいですね・・・・。

それにしても、ミミズ腫れの原因はレオたんの「ガッシ!ガッシ!」だったなんて、セナパパと大笑いしておりますよ〜〜〜わーい(嬉しい顔)
Posted by セナ at 2011年06月26日 12:09
>セナさ〜〜〜ん、こんにちは〜〜〜るんるん

すっかりお返事が遅くなってごめんなさいふらふら

セナさんは いつも美味しい物をモリモリ食べれて 胃がお丈夫なのね・・・って思っていたのですが、負のスパイラルの時期がおありだったのですねー

私もね、この仕事を始める前は、油ものが一切食べられない程に胃・十二指腸潰瘍や胆のう炎の激痛を繰り返して「胃が水玉模様だよ」と言われたこともありますし、空腹も感じたことがなかったです。

漢方薬もあれやこれやと試していた時期もあったのですが、当時の私の体質に合うものには巡りあえませんでした。

冷え性って、万病の元ですよねぇ。

休みの日は朝食も食べたくて抜いていのですが、代謝が良くなっていると感じ始めた頃から、ちゃんと食べないと ふら〜っ ってなっちゃってビックリです。
そういえば、セナさんが以前、「朝食を抜けない」っておっしゃっていたことを思い出しましたよ(笑)

汗といい、空腹でふらつくことといい・・・ようやく人並みになったんですね。私。
でも、まだ戸惑いを感じるこの頃ですよ(苦笑)

レオのガッシ!ガッシ!はね〜
もぅ〜半端ない力強さですよ(笑)
手が大きいから、爪も太いっ!
カノンの2倍はありますからね(汗)
食べ物を目の前にしたら、更にパワーアーーーップ!です。
身をかわすコツを掴みつつあります(爆)
Posted by サト at 2011年07月05日 18:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2720033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック